「汗はすぐ拭き、体臭予防」について

投稿日:2013年5月9日|カテゴリ:医療ニュース

***汗はすぐ拭き、体臭予防***
気温の上昇とともに、汗をかくことが多くなっています。近年は暑い日が増えたうえ、節電対策からの冷房の設定も高めになり以前より多く汗をかいて いる人もいることと思います。汗は放置するとべたついて不快感が増したり、毛穴が詰まってにきびが悪化したり、臭いのもとになったりしますが体温調節とい う大切な役割を果たしています。上手に汗とつきあっていきましょう。

【汗の臭いの原因】
汗そのものは無臭だが、皮膚には常在菌があり、汗に含まれるタンパク質や脂質などを分解します。それが独特の臭いを発生させます。

【汗対策の基礎知識】
◯頭皮
皮脂から臭いがでるので地肌を丁寧に洗う。
◯髪の毛
額を出す。えり足・首周り・耳周りをすっきりさせる。地肌の通気性を良くする。
◯顔
濡れたタオル、顔専用の制汗シートで拭く。
ファンデーションは毛穴に塗り込めると皮脂と混ざってどろどろになりやすいので肌のうえに軽く置くように塗る。
◯首
制汗シートで汚れを拭く。汗や整髪料が残りやすい耳の後ろも忘れずに。
◯脇
外出前に制汗剤をつけて、臭いを防ぐ。外出先では制汗シートで拭く。
◯体
シャワー・入浴で全身の汗を流す。ローションで適切な潤いを与えつつ、汗を抑える。
速乾性下着で清潔に保つ。冷房で汗が冷えるのが気になる場合は綿素材よりも水分を素早く拡散させる合成繊維がおすすめ。
◯足
殺菌効果のある制汗剤でケアする。靴の湿気を取ることも大切。

【注意点】
冷房による乾燥や紫外線で夏の肌は以外とデリケートになっています。汗を拭くときはゴシゴシとこすり過ぎないこと、湿り気のあるもので拭くことが大切です。